Amateur Radio Station  JJØLGR

 
 

 当ページをご覧になっていただき誠に有難うございます。私がアマチュア無線局JJØLGRの局長です。
携帯電話全盛の時代に、何故、開局したのか? には多々理由がありますが、それはさておき、勉強嫌いの私がアマチュア無線の最下級資格である4級アマチュア無線技士(アマチュアだというのに、国家試験に合格しないと運用できない!という不思議な資格)の試験に合格し、まずは5Wという小さな空中線出力で恐る恐る電波を出してみると、その先には摩訶不思議でとんでもなく深い世界が拡がっていたのです。(現在は3級を取得しています。)
 携帯電話とハンディタイプのアマチュア無線機は大差ないように見えますが、一部の通信経路にだけ電波を使う携帯電話に対し、アマチュア無線はほとんどの場合「自力電波」での通信。自分の無線機のアンテナから放出された電波が空中を伝播し、今、偶然にも同じ周波数を聞いていた無線局の局長さんが「話してみようか?」とマイクか電鍵を握り、相手局が電波を出し、その電波がこちらのアンテナを通じて無線機のスピーカーを鳴らさない限り、交信(会話)は成立しないんですね。まさに「一期一会」。
  しかも、使用する周波数によって電波の性格は大きく異なり、ある周波数帯では普段、近隣市町村までしか届かない電波が、電離層の状態変化によって、日本を縦断したり外国にまで飛んでいったりします。さらにそうした電離層の変化は、太陽活動や流星群によっても誘発されたりするというのだから、不思議不思議!
 私はまだ非常に小規模な機器で楽しんでいますが、上級者の中には巨額を投じて巨大なアンテナ塔を建て、地球の裏側まで電波を飛ばしたり、場合によっては電波の月面反射を利用するといった壮大なシステムを構築しています。しかし、その巨額を投じた機器で行っていることが、たわいもない会話だったりするところが、また面白いのです。
 アマチュア無線を" King of Hobby" と称することがありますが、キングは大袈裟にしても、単に「趣味」として片付けるには奥の深~いものがあります。まず国家試験に合格し、無線機器を揃え開局申請をし、より明瞭な、より遠距離の交信をするために、さらなる知識を身につけ、より工夫し、より多くの局長さんとの交信を求め行動し、活動し、法律とマナーを尊重する、でも、そこで得るものは、たわいもない会話。いい「趣味」じゃないですか?!
 さて、まだこの摩訶不思議なコミュニケーションの世界を知らない方、どーぞ、国家試験を受け開局して下さい。そして、すでに開局されている各局の局長さん。JJ0LGR局は、貴局との交信を心待ちにしています。
それでは、お空で合いましょう。73 bye bye!



 

Welcome to my Radio Station    JJØLGR

katsukichi's PHOTO field -Amateur Radio Station  JJØLGR/ Copyright K.Yanagisawa

Photo by K.Yanagisawa