D.I.Y.

 

 私の場合、D.I.Y.によるリフォームは趣味というより、金欠による必然から行いました。子どもが生まれたのをキッカケに東京からUターンした故郷の実家は、幾度かの増改築が行われているものの、ベースは築50年以上。家業も継がずに出た家ゆえ、戻っても決してWelcomeな状態ではありませんでした。そこで、肩身の狭い生活を少しでも快適にすべく自分で改築をすることにしました。まずは、壁をぶち抜いて二部屋を一部屋に。そして、姉、妹が使っていた部屋が開いたので、そこをダイニングキッチンに。さらに、子どもが中学に入る時に、全く未改築の、まんま築50年の昭和な和室を子ども部屋に改築しました。ガス工事、電気工事や上下水道工事の一部は業者に頼みましたが、他はすべて一人の作業でした。

第1期・二部屋ブチ抜き&キッチン制作

第2期・築五十年和室を子ども部屋にKids-Room.html

BEFORE                                           AFTER

2005〜2008Kids-Room.html

katsukichi’s PHOTO field-D.I.Y/copyright K.Yanagisawa

PHOTO by K.Yanagisawa