Motorcycle

 
 

 学生時代、そしてその後の三十代、いつも傍にモーターサイクルがあった。

 風雨に曝されながらも、もっと遠くへ、もっともっと遠くへと誘ってくれた旅の相棒は、人生を生き抜くための沢山の大切なことを私に教えてくた。そしてそれは、今の私の生き方、考え方、職業に深く関わっている。

 今から思えば、ことごとく思慮に欠け、勝手気ままな生き方をしてきた青春時代。それでも時は流れ、私にもタンデムシートに乗ってくれる彼女ができた。そして結婚。妻ともモーターサイクルで沢山の旅に出かけた。子どもが生まれ、子育てが始まると、2人しか乗れない乗り物は出番が少なくなり、少しずつ錆びつき、やがて動かなくなった。遂には、それまで所持していたほとんどのモーターサイクルを手放すことに。

 しかし、幸いなことに私のファーストモーターサイクルと全く同じ車種を、同じ時期に買った大学時代の親友が、私にその大切な一台を託してくれていた。今もこのモーターサイクルのオーナーは親友のY氏だが、保管と動体維持を私が担うべく、私の手元にある。

 2010年。まだ子育ての最中だが、ひとりの時間、夫婦の時間が少し持てる様になってきた、そんな折り。とあるきっかけで私は再びモーターサイクルに乗る喜びと出会うことに。まともな触媒もなく、すべて趣味のために排気ガス(二酸化炭素)を吐き出すモーターサイクルは、環境問題が騒がれる昨今、乗るべき乗り物ではないのかもしれない。しかし、乗りたい。乗らずにはいられない。今、再び乗ることで私は、もっと自分らしい生き方に進む。勝手にそう信じている。ちょっとキザ過ぎるかな・・・

再び走り出した青春の旧車

My First Motorcycle : HONDA Silk Road (1981年製・1982年登録)

2009年にレストアし、翌年ナンバーを取得

YAMAHA SRX400(1992年製:初期型)

katsukichi's PHOTO field -Motor Cycle/ Copyright K.Yanagisawa

Photo by K.Yanagisawa