Project on DC12

 

■第1話■     Project on DC12とは?

 Project on DC12は、エンジン起動用として以前から使われている自動車用バッテリーの電圧である直流12ボルト=DC12Vを、商用電源AC100Vに代わる電源として、暮らしに役立てようという私的な企み。

 さて、商用電源の無い空間で生活するヨットやキャンピングカーにおいて、その電源はバッテリーであり、多くの場合、電圧はDC12V。こうした理由からかDC12Vで動かせる生活用品は、随分昔から存在する。照明機器、冷蔵庫、換気扇、テレビ、ラジオ、電子レンジ、カー用品・・・そして、独立型太陽光発電装置(オフグリッドソーラー発電)用として市販されているソーラーパネルの定格出力もDC12V。そう、12Vバッテリーに繋げられるのだ。

 つまり、ソーラーパネルで発電した電気をDC12Vバッテリーに蓄え、その電気を暮らしの中でどれだけ有効に使えるかを検証し、電気の完全自給自足、もしくはそれに近い生活、もっと言えば、DC12V社会を目指そうという、壮大な(妄想的)計画なのだ。

 それから、もうひとつ。自動車用バッテリーに蓄えた電気は直流=DC12Vだが、一般家電製品は商用電源=AC100Vで動く様に作られている。このため一般家電をDC12Vバッテリーで動かすには、バッテリーと家電の間にインバーター(昇圧装置)をつないで、DC12V→AC100V変換を行う必要がある。が、この接続方法だと約2割の電力ロスが生じてしまう。まして、PC、ラジオ、小型テレビなどの家電は、AC100Vに繋いで使うにも関わらず、実は内部の回路のほとんどは直流に変換してから動いている。なんてもったいない。結局、直流電源DC12Vは、直流で動く装置に繋いで使う方がいい。だからProject on DC12!!